<   2015年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

小さな小さな家


私たちの事務所に小さな小さな家が仲間入り

a0124843_15155785.jpg



a0124843_15154932.jpg


NPO法人さんえす障がい福祉サービス事業所、箱崎翔店さんがプロデュースするやきもの工房 Tonariさん の作品です。

小さな小さな可愛らしい家です。

やっぱり家型って良いですね。
我が家は四角ですが・・・



ぬまでした









自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-27 15:21 | スミレのいえ(企画住宅) | Comments(0)

伝えるコト、伝わるコト


柏原の家

外壁モルタルの上塗り工事がスタートしました!

以前のブログ でご紹介した楽しい仕上げの現場打ち合わせ。その仕上げ工程です。


a0124843_22561949.jpg

金ゴテでモルタルを施工。そしてその後木ゴテでラフに表情をつけていきます。

a0124843_22562572.jpg

とても良い雰囲気です。

職人さんって自分の手の跡を残さない仕事こそが良い仕事って考え方があります。

でも私はその手の跡こそが良さだと思っています。だからこそラフな仕上げが大好きです。

こちらの要望である微妙な仕上げのニュアンスであり意図を理解してくれた職人さんに感謝です。

コミュニケーションは大事ですね。改めて思います。仕上がりがとても楽しみです。


ぬまでした










自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-23 23:04 | 柏原の家 | Comments(0)

はじめてのスイッチ


柏原の家は内部工事が進んでいます。


a0124843_11190829.jpg

写真は今回の現場で初めて使うトグルスイッチです。

漫画、映画などで乗り物や基地のシーンなどによく登場するアレです。

パチパチとレバーを上下させるだけでワクワクしてきますね。童心に返りますね(笑)

仕上がりがとても楽しみです。


色々とご要望をいただくことで、私たちも新たな経験が出来ます。

とてもありがたいことです。


もう一つの楽しい初めてもあります。それはまた後日ご紹介します。


ぬまでした









自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-21 11:31 | 柏原の家 | Comments(0)

いつもと違うベニヤ


私たちの事務所改装計画

板を立てかけるだけの状態になっていた倉庫への出入り口に扉を設置しました。

一つ前のアップにある扉。いつものシナベニヤと色が違います。

未だに去年アップしたシナベニヤの記事がランキング上位でシナベニヤの記事は本当に人気です。

でも今回はあえて違うベニヤにしました。


ラワンベニヤです。


最近は建具や壁・天井など仕上げに使われることが多くなったシナベニヤに比べてまだまだ下地として使われる事が多いベニヤです。

前から気になっていたラワンベニヤ仕上げ。今回初挑戦です。

いつものシナベニヤに比べると下地に使われる事が多いラワンベニヤは1枚1枚の色味や木目のバラつき激しいのでまずはベニヤの選別からスタート


a0124843_15401632.jpg
建具屋さんにいって在庫のラワンベニヤを並べてもらって選別。

この写真みるとそんなにバラつきないのでは?と思われると思いますが、実はこれはかなり色味や木目の違うラワンベニヤをはじいてはじいて残った何枚かなんです。

表用と裏用と2枚選んで製作依頼。

a0124843_15402328.jpg
製作完了後に扉を事務所に持ち込み。現地でカンナがけ加工してサイズの微調整と金物等の取り付け。

後ろ姿はベニヤの選定に引き続きの妻です。初めてみる現場加工に興味津々のようで仁王立ちで見学(笑)


そしておさまった姿がこちらです。

a0124843_15403239.jpg
1枚目の写真の状態に比べるとより艶っぽくみえるのはミツロウワックス仕上げをしているからです。

良い雰囲気ですね。

a0124843_15404083.jpg
茶色いカラーの取っ手との相性もバッチリです。

建具屋さんでベニヤを選別するという一手間がとても楽しかった初のラワンベニヤ建具なのでした。

事務所のナラともちゃんとマッチしていますが、アカシアとかチークのような赤みががった茶色い樹種との相性も抜群でしょうね。



ぬまでした








自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-21 06:38 | スミレのいえ(企画住宅) | Comments(0)

等身大の姿


私たちの事務所改装計画で出来た新しい場所

第2期工事でキッチンを設置予定のフローリングを張った小上がりスペース

第2期工事開始までしばらく時間があるので、今の私たちらしい・・・ディスプレイをしました。

a0124843_13420572.jpg
a0124843_18053409.jpg

ずっと考え続け・・・変わり続けていくこの場所の今の姿


何をディスプレイしようかと考えた時に真っ先に思い浮かんだのがこれでした。

ギャラリーとかカフェみたいにお洒落なものを並べたり、建材のサンプルをなんとなく雰囲気良く並べるよりも・・・

大工道具を始めとする工具、そして釘、そして現場で出た木の端材

これがこの場所にふさわしい、今の自分たちらしい等身大のありのままの工務店としての姿なのかなと思っています。




ぬまでした








自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-20 07:24 | スミレのいえ(企画住宅) | Comments(0)

自分でつくるというコト


糸島にある 家具工房CLAP さんで開催されたスツールの座面を編むワークショップに妻が参加してきました。

1日かけて座面を編みこむというかなり本格的なワークショップです。

CLAPさん製作のオーク(ナラ)で出来たスツールの脚に妻が編んで編んで出来たのがこちら!


a0124843_08053389.jpg

なかなかの出来栄えですね。

家具を買うことはあっても自分で作る機会ってなかなかないものです。
自分で作ることで家具職人さんの仕事の大変さや凄さを身をもって体験できるコト、そして何より自分で作った愛着をもった家具がそこにあるコト。

良いですよね。すごく妻が羨ましい私(笑)


「 つくる 」ことって本当に楽しいですね。


貴重な体験をさせていただいたCLAPさん 本当にありがとうございました。

かわいらしくて絵になるし改装した事務所に置こうと思ってたのですが・・・・ 娘が自分の椅子が来たとすっかり気に入ってしまいました(汗)


次の機会に私が参加させてもらってもう1脚つくるしかなさそうです(笑)


ぬまでした









自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-17 08:18 | Comments(0)

DIY! DIY! DIY!

家づくりの中で私たちがおススメしているDIY。

もちろんそれをおススメしている当人たちの事務所改装なわけですからしっかりやりました。

a0124843_15420493.jpg
ん?どこが?って思いますよね。

通常、クロスやシートを張り替えの場合は剥がすのと新しく張るのをセットで業者にお願いするわけなのですが今回は・・・

壁と梁はクロス  → 塗装

床はCFシート   → フローリング+左官仕上げ

と・・・仕上げが全部変わるので・・・全て自分で剥がしました。これも立派なDIYです(笑)


さて 続きです。


新規設置した紙クロスを張った間仕切り壁、そして既存のクロスをはがした梁や壁にはプラネットジャパン さんの壁材を使いました。

a0124843_15422923.jpg
しっかりと養生してからローラー塗装。

塗装の場合はとにかくしっかりとした養生が大切です。


そして次のDIYは床です。

無塗装のナラフローリングに 蜜ロウワックス を塗りました。

a0124843_15430361.jpg
塗るのはこれです。

a0124843_15431768.jpg
塗っている最中の写真ですが塗っているところとそうじゃないところがハッキリとわかりますね。いつもこの瞬間はフローリングに命を吹き込んでいるような気がしてとっても好きな作業です。

a0124843_15433202.jpg

そして最後のDIYはテーブル天板と枠の塗装です。

使ったのはこちら

a0124843_15434531.jpg
西区横浜にある KifuL(キフル) さんで購入したFARROW&BALLという天然顔料をつかったイギリスの塗料です。

白とグレーと間の色とかグレーとグリーンの間の色とか、なかなか通常はない絶妙な中間色が色々と揃っています。前々から興味があった塗料。せっかくの私たちの事務所なのでチャレンジしてみました。

a0124843_15440250.jpg
合板を使った天板にはローラー塗装。

a0124843_15443680.jpg
枠には刷毛で塗装。


以上が今回の私たちの事務所改装でのDIY箇所です。

私が写真撮ってるのもあって写真に写ってるのは妻ばかりですがちゃんと私もやってますからね(笑)


a0124843_15422195.jpg
a0124843_15421406.jpg


家づくりの中で私たちがおススメしているDIY

DIY作業をすることで材料、作業を理解することが出来ます。

作業を理解することが出来れば自分でメンテナンスも容易に出来ます。

そして何よりその場所への愛着や親しみが増します。そして思い出になります。

やっぱりDIYは楽しいです。


ぬまでした








自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-16 09:26 | スミレのいえ(企画住宅) | Comments(0)

現場で決めるコト


柏原の家

現場で外壁モルタル仕上げの打ち合わせをしました。


a0124843_13160955.jpg

これは粗こすりと言って下塗りの状態です。

ラス網の浮き出た感じとか・・・ かなり良い雰囲気です。

このままでも・・・ いや 仕上げます(笑)


現場でモルタルを練って壁の一部分にテスト施工をして


左官:「 このぐらいでどうでしょうか? 」

私たち:「 いや もう少しコテの感じが欲しい 」

左官:「 じゃあ このぐらいでどうでしょう? 」

私たち:「 よし これでいきましょう 」


という具合に現場で職人たちとコミュニケーションをとりながら仕上げ方を決めていきます。
これが楽しいんですよね。サンプルから選ぶのではなく現場で決めるコト・・・左官壁の良さです。

コテの手仕事感を残した仕上げに決まりました。仕上げが本当に楽しみです。


ぬまでした







自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-14 13:27 | 柏原の家 | Comments(0)

新しくて古いもの


私たちの事務所改修計画

インテリアショップ巡りをして見つけた2脚の椅子が事務所にやってきました。

a0124843_19581919.jpg

a0124843_19582966.jpg



良い雰囲気です。土間とナラのフローリングとの相性もバッチリですね。

一緒に北欧からやって来た古い椅子ですが黄色い柄が元々の色、紺が新たに張り替えられた色です。

柄を揃えるコトも出来ましたが、あえて別々の色を選びました。
それぞれの色の個性を楽しめるし、何より張替えながら・・・手入れをしながらずっと使っていく椅子の愉しみ方も表現したかったからです。

シンプルな形で使いやすく、張替えなど、手入れをしながらずっと使い続けていけるコト

スミレのいえの大切にしている家づくりのコンセプトそのものです。


椅子が入ると空間の雰囲気がガラっと変わりますね。

これからも照明計画など・・・引き続き手を入れていきます。


ぬまでした









自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-11 20:10 | スミレのいえ(企画住宅) | Comments(0)

初めての素材とひとてま


柏原の家は内部の木工事が進んでいます。



a0124843_06515601.jpg



今回、壁の素材として有孔のシナベニヤを初めて使っています。

通常壁に使う石膏ボードを張る場合に比べて一手間、二手間かかっています。


「 揃えるコト 」 


ご覧の通り、規則的に孔が空いているのでベニヤとベニヤの継ぎ手(継ぎ目)をミリ単位でキッチリとあわせないといけません。


「 差し込むコト 」


そしてこれは有孔だからといよりシナベニヤを壁に使うからの一手間

写真ではわかりませんが実は窓枠にシナベニヤが差し込まれています。

窓枠にシナベニヤの厚みにあわせて溝加工をしてそこにシナベニヤが入り込んでいるわけです。

溝加工をせずに突き付けと言ってピタッとベニヤと窓枠をくっつけて納めたり、目透かしといって窓枠との間に均一に何ミリかの隙間をあけて納めたりと色々な納め方があります。
溝加工をして差し込むこの納め方が一番手間のかかる納め方ですが、現場の大工と相談してこの納め方としました。


綺麗だろ~と現場の大工も満足気。

この写真だけではその雰囲気はわかりませんが、綺麗に納まったこの窓の前に立った時は質感、空気感が違います。

良いコミュニケーションが取れている現場はすごく楽しいものです。



ぬまでした








自分らしく豊かに暮らす大きな屋根の小さな家 スミレのいえ (webサイトはこちらをクリック!)

[PR]
by numa-tomo | 2015-05-10 07:19 | 柏原の家 | Comments(0)